イメージ画像

高品質な眠りのために
超熟睡できる安眠枕はいかがですか?

枕選びの重要なところ

安眠できる枕を選ぶにはまず人間の体の構造を知る必要があります。 人間の脳は平均してどのくらいの重さがあると思いますか?

大人の人間の脳は概ね1300から1400グラムもあって、また頭蓋骨も分厚いため頭部全体で言えば人間の体重比で約8ー10パーセントにも上ると言われています。

二本足歩行に進化してから人間はこのボーリングの球ほどの頭部を支えるためにほんの少し首を前傾させるようにして生活するようになっています

この角度はだいたい5〜15度で寝ている時もこの角度が最も楽な姿勢となるケースが多いのです。

そのため枕選びにはそのひとそのひとによって異なるこの角度に合わせた枕が必要です

また枕の高さだけではなく首の位置をサポートする部位が本来は最も大事で、素材もその人にあった素材を選ぶ必要があります

つまり本来は枕は全てオーダーメイドであるべきものです。

よくいろいろ評判の良い枕を買ったけど合わなかった、高いお金を出したけどイマイチだったとか言われますが基本的に合わない枕であれば評判や価格は関係ありません。

それでも、あえて市販の枕をどのように選択するかを考えてみると

★上田式 肩のこり・痛み改善プログラムは、今すぐこちらをクリック!

熟睡だけを選ばずに自分にあった枕を!

そもそも、このページを見ている人は枕に不満があるから見ているのだと思います。でもその不満って人それぞれですよね
つまり大事なのはなんの目的で枕を選ぶかです。

人によっては肩こり防止、超熟睡がメイン

超熟睡がメインなら選ぶのは非常に特殊ですが一番おすすめできるのが横向き寝専用まくら です。

いびき対策なら

いびき対策で枕を購入するなら【たった30秒!いびき対策専用枕!】 しかありません

「つまり超熟睡安眠枕選びに大事なのは

  • 何のために枕を買うのか?
  • それはただ熟睡のためなのか?
  • それとも首こりのためかあるいはいびき対策か?

売れ筋ランキング

  • 安眠のための横向き寝専用まくら「YOKONE」

    多くのメディアで絶賛!約10年間悩み続けた3重苦。肩こり、首こり、頭の負担・こんな悩みの貴女にピッタリ!いびきも治ります。

  • クビックス

    いびきが原因で悩み続けて約6年。家庭内別居、夫婦間のギクシャク、結婚できない原因、旅行への不参加、こんなあなたの悩みにピッタリ

  • スローコアピロー

    「寒いと特にダメ・・・。」そんな首、肩、頭の凝り、痛み。なぜその根本対策に首枕が必要なのか?えっ!首枕が

  • 【めりーさんの高反発枕】

    自然な寝返りが打てる【めりーさんの高反発枕】

  • 美魔女愛用!使うほど美しくなる枕

    美魔女御用達。使うほどに美しくなる枕。




    コラム

    超熟睡するために、自分にあった安眠枕を選ぶことはとても重要です。
    枕が合っていないと、睡眠が浅くなって熟睡感が得られなかったり、夜中に目を覚ましてしまったりしがちです。
    また、寝起きに頭痛がしたり、肩こりがするのも、枕が合っていない可能性が高いのです。
    夜きちんと超熟睡できて、翌日万全な体調で1日を過ごすためにも、ぜひ安眠枕選びをしましょう。
    超熟睡できる安眠枕の選び方
    ① 超熟睡のためには、安眠枕の高さに気を使う
    安眠枕選びで重要となるのはその高さです。
    高さこそは枕の生命といっても言い過ぎではありません。どんなに高価な枕でも本人の自然な体位をキープできるちょうどよい高さでなければ十分な睡眠を得ることができません
    高すぎる枕を使うと、口呼吸になりやすいと言われています。
    寝ているときにかかわらず、人間の呼吸の基本は鼻呼吸です。
    極端に高い枕を使っている場合、首に無理な力がかかるため、 体全体がリラックスできなくなってしまいます。
    逆に低すぎる枕は仰向けに眠ると首の部分がつっぱります。 この場合も息苦しさを感じ、口呼吸になることがあります。
    枕の高さと睡眠の質の関係を調べた実験があるのですが、極端に低い枕を使っていると、 熟睡しているときに出るはずの脳波がほとんど出現しなくなるようです。
    もし、高すぎたり、低すぎたりする枕を使っている場合、ちょうど良い高さの枕に変えると、 逆に若干違和感がでる可能性もあります。
    それでも超熟睡できる枕には最適な高さがあることを知ることが大切です。
    理想的な安眠枕の高さは
    理想的な安眠枕の高さは次のように決定しましょう。
    横向きで寝た時に、顔の中心から体の中心に線を引いた時にまっすぐになる 仰向けで寝た時に、耳を通る顔の横に引いた真っ直ぐの線が地面と約15度になる
    方法としてはまず横向きに寝てみて頭が水平になる位置を探ります。 この位置で仰向けに寝てみて、実際角度を確認してみます。
    なかなか市販の枕でこの角度がきっちりになるケースは少ないです。 ですから仰向けになった時の微調整はタオルなどをひいて調節する必要があります。
    ② 超熟睡眠のための枕の硬さを知る。
    枕の硬さも非常に重要です。
    枕の硬さは、柔らか過ぎると頭をしっかりサポートできないのであまり良くありません。ある程度の硬さがあり、頭部をしっかりと支えてくれるものを選ぶ必要があります。
    特に気をつけて頂きたいは、朝起きた時に首や肩が痛いと感じる人です。居心地が良いからといって、体に良いわけではありません。
    起床時に首や肩が痛いと多くの場合柔らかい枕を選ぶ傾向にありますが、 柔らかい枕だと長い時間同じ姿勢を保つため、逆に体の痛みを引き起こしやすいのです。
    またある程度頭をしっかりと支えてくれるものでないと、首筋に負担がかかって逆に朝起きた時に首が痛かったり凝っていたりすることになります。
    一般的には、ふわふわの枕よりも、触った時にある程度形のわかるような枕が良いと考えられています。こういう硬めの枕は頻繁に姿勢を変えるので、 体の負担が一点に集中しないので、血行を保てます。
    はじめは違和感が多少ありますが、ある程度硬い枕を選ぶ事は、 体に負担のかからない安眠するコツともいえます。
    ③ 寝返りを打ちやすい枕を選ぶ
    寝返り
    最後に、寝返りをスムーズに打てる枕であるということが重要です。
    人は一晩の間に何度も寝返りを打って体制を変えています。
    寝相が良いと人でも、一晩中ずっと仰向けで寝ていることはありえず
    、横向きになったりうつ伏せになったりを繰り返しています。
    なので、仰向けになった時に自分に合うかどうかだけでなく、スムーズに横に回転できるかどうか?それなりの長さがあるかどうかも大事です。
    ④通気性 安眠枕の通気性がよい事はとても重要です。
    通気性が悪いと蒸れてしまい、ダニや雑菌などが繁殖し、アレルギーに繋がります。
    蒸れてしまうと枕の温度が下がり、睡眠するときの頭の温度も下がることになり、夜中に起きてしまう原因にもなるようです。
    通気性の良い枕なら、時々日光に干して枕カバーを洗うことで蒸れることで起きる問題点の解決が簡単です。

このページの先頭へ